プティ リュタン ブログ

fukky8211.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春のおすすめです☆

みなさま、お久しぶりの住田です012.gif
ここ最近、怒濤の忙しさだったので、さっぱりブログアップまでたどり着けませんでした。。
が。
今が旬の、季節のおすすめ食材だけはアップしたいっ!と、昨日写真を撮りましたので
今日はそのご案内です016.gif

e0210422_13241663.jpg

フランス産のホワイトアスパラ!です。
釜茹でして、シンプルにバターソテーしてもよし010.gif
釜茹でのあと、キリリと冷やして、サラダ仕立てもよし011.gif
優しい甘みと、山菜のようなほんの少しのほろ苦さ。
穏やかな旨みがじんわり広がる、大人のための料理です。
(↑上の写真は、冷製に仕立てた皿です。オレンジ風味のビネグレットソースで。)

しばらくの間の、おすすめ食材です。(一皿 1.200円)
みなさま、来てね☆001.gif
by fukky8211 | 2012-04-28 08:51 | 食材

ピュリニーの至宝

先日。
ルフレーヴが大好き❤というお客様にオーダー頂いた、ルフレーヴ マコン ヴェルゼ09。
あけてみるに、ルフレーヴらしさがあまり感じられない。。
シャープでクリーンネス。そして清楚でありながら、実に豊かな味わいのルフレーヴなはずなのに
香り、味わい共に『らしさ』が弱い。
でも決して、味がおかしいというわけではないし
これが5本買った最後の一本ということもあり、そのままテイスティングして頂いた。

が。

『なんか、思ってたのと違う。』
そう言われ、やっぱりそうですよね。と謝るしかなかった。
美味しいワインではある。が、ルフレーヴではない。
代わりにもう一本開けたいところだが、もうない。
ルフレーヴを楽しみにされていたお客様は、元気をなくされてしまった。

そのとき、リュタンのセラーにある他のルフレーヴのワインは、ただ一本。
バタールモンラッシェ96。
リュタンを開店する際に、永井が9年前に仕入れたワインである。

悲しませたお詫びに、このワインを私からと、おだしした。

偉大なるルフレーヴの特級畑。しかも96。
正規輸入元から、とある人を経てリュタンにきたこのワインの出どころは確か。
保存状態に問題さえなければ、素晴らしいものが約束されている。

抜栓してすぐ思った。これは素晴らしい!と023.gif

開けた瞬間から、香りがボトルの周りにぼたぼた~!と落ちているように感じられるくらい
華やかな香りが広がったのである。
香りがぼたぼた落ちる、なんて表現は下品だと自分でも思うが
そんな風に思ってしまうような、厚みのある香りなのだ。
『香りが強い』と言ってしまうと、『香水の香りが強い』のような
『行き過ぎた香り』というようなニュアンスが入るように感じられるので
ここではやはり、厚みのある香り、と言いたい。

味わいは、ルフレーヴそのもの。
グレープフルーツの蜂蜜がけのようなほの苦い甘酸っぱさ。
それでいて、キリリ!としたミネラル感。
なのに!ドライアプリコットのような豪華な濃縮感も感じられる。。
そして後から、木樽熟成による、バニラのようなナッツのような香りが鼻をくすぐる。
ドライなのに、コクのある厚みがある。
相反するような要素があるのに、決してバラバラに感じられるのではなく
一つの味としてまとめ上げられていて、なおかつクリアーで滑らかなのである。。
ルフレーヴ、さすがである。。
バタールモンラッシェとして、これが完璧な状態なのではないだろうか、と思ってしまうほどであった。

お客様がご機嫌を直されたのは、言うまでもない。
『生きてるうちに、こんなワインをまた飲めるとは思わなかった。
 ほんとうにありがとう!』と、とても喜んでくれ、
私からのワインのつもりだったが、そんなことされるともうここに来れなくなるからダメ!と
お支払いをして頂いたうえに、一緒に飲ませていただいた。

この日のワインは、バタール モンラッシェだったが
小説家のアレクサンドル・ドュマが、ル モンラッシェについて
『このワインの前では、頭を下げて
 膝まづいてでしか、味わうことができない』と残したことを思いださせるワインだった。

そのお客様の連れの方が、「今まで飲んだワインで、とっても美味しかったワインのお話をして」、
とおっしゃるので、これこれこうで~と、飲みながらのぽやんとした頭で話していたら
「昔の恋人のこと話してるみたい」と笑っておられた。
舞台で活躍する女優の彼女は、初めてシャンパーニュを飲んだ時のステキな話をしてくれた。

素晴らしいワインの前では、みんな饒舌になる。
でもその合間。ワインにも耳を傾けてほしい。
思わず黙ってしまうほど、たくさんのことを語りかけてくれるから023.gif

e0210422_17515136.jpg
本当にステキな夜だった。
by fukky8211 | 2012-04-11 17:25 | ワイン

下高井戸 大さくら祭り

先週末、31日の土曜日と、1日の日曜日は
下高井戸のお祭りがあったのでした001.gif
とはいっても、31日の土曜日は、みなさんもご存じの通り、春の嵐の大暴風のため
中止となりました。。007.gif
が、翌1日は穏やかな良い天気となり、予定通り開催されたのでした016.gif

ノリエットからは、クレープ屋さんをだしていたので
どんな屋台か見てみたい~と、
リュタンの昼営業の後、てくてく歩いて、さくら祭り会場に行ってみたのでした012.gif

e0210422_21561971.jpg

こんな感じ001.gifで、私が到着した15時ころは
お客様がとぎれず、すずちゃんが焼き続ける、といった状況で
今日のまかないは、ノリエットのガレット~011.gifと思っていたワタクシは
しばらくおあずけ、、状態で、やっと買えたのでした023.gif

e0210422_220466.jpg食べてみて、とっても具だくさん!の内容から考えると安いっ005.gif。甘い系統のショコラやマロンも食べたかったな023.gif




下高井戸のさくらはまだ全然、あのときは咲いていなかったけど
今日家から出て、上北沢の桜並木は、満開とはもちろん言わないけれども
半分くらいは咲いてる感じで、とってもキレイだった。
上北沢は、今週末、桜祭りです012.gif

去年の今頃は、震災後まもなくで
桜だの花見だの、めでてる場合か、みたいな状況だったけれど
今年は少し落ち着いた気持ちで、綺麗だな、とか思えるだけで
自分の今いる環境は恵まれてると、しみじみ感慨深い。

4月がスタートして、新しいことが始まるこの季節。
ノリエットでも、新メンバー加入したり、逆に、辞めて次に向かう人がいたりとめまぐるしい。
咲き誇った桜が散っていくのがなんだか物悲しいように
今まで一緒に頑張ってきたスタッフが辞めるのはとても寂しい002.gif
でも、生きていくことは選択していくことで
始まりがあれば終わりがあるのだ。
桜を見ると、また今日思ったことを思い出すんだろう。















もとうたより、フージーズのカヴァーのほうがすき。

俺たちの善い友達 もういなくなったけど
生きてるうちはそんなこともある
これから大きな未来があっても
過去は忘れられないものなんだ
だから涙をふいて
by fukky8211 | 2012-04-04 21:41 | イベント