人気ブログランキング |

プティ リュタン ブログ

fukky8211.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

本日のスープ。

このささがきゴボウでスープを作りました。玉ねぎ、ベーコン、ブイヨンなど加えて煮込みます。

e0210422_0131886.jpg



ディナーコースのスープとしてお出しします。
by fukky8211 | 2013-10-23 00:07 | 料理

エゾシカ肉のパテ、出来ました。

この季節、メイン料理でオススメしてますエゾシカ。同時に前菜としてエゾシカのパテも仕込みました。

e0210422_023283.jpg



焼き上がったばかりで断面をお見せできず、すみません_(._.)_。
by fukky8211 | 2013-10-22 23:43 | 料理

本日の魚は。

e0210422_1621669.jpg



今日は 山口のサワラが届きました。
ポワレして、定番のフレッシュトマトとハーブのソースでお出しします。
by fukky8211 | 2013-10-12 16:00 | 食材

予約状況のご案内。

e0210422_23281374.jpg



今週末のディナーは、まだ席がございます。ご予約お待ちしております!

こちらは塩ダラを牛乳でゆでているところです。これをほぐしてマッシュポテトや生クリームと合わせ、ブランダードという料理を作ります。南仏の郷土料理ですね。ディナーの前菜としてオススメしております。
by fukky8211 | 2013-10-11 23:26

秋ですね。

e0210422_045127.jpg



毎年好評のエゾシカ肉、今年も始めました!こちらはウチモモ肉です。
柔らかく、癖もない、おいしい赤身肉です。黒こしょうを効かせた赤ワインソースでお出ししております。
こらからの季節のオススメです!
by fukky8211 | 2013-10-08 00:43 | 食材

本日の予約状況です。

今日、6日の日曜のディナーは、ご予約で満席となっております。ご了承ください。_(._.)_


e0210422_0274297.jpg



こちらは立派なタスマニアサーモン。マリネとして、スモークサーモンとして、タルタルにしても良いですね。もちろんポワレしてもおいしいですよ!
by fukky8211 | 2013-10-06 00:22

パーティーの脇役

先週の水曜 9月25日に、青山の 『ランス ヤナギダテ』 さんにて
ノリエットの20周年記念パーティーが開かれました012.gif
e0210422_1415229.jpg
e0210422_1421818.jpg

その日の詳細は、ノリエットブログにて
ウッチーが愛に満ちた素敵な記事で紹介しておりますので(→こちら
ここでは割愛いたします001.gif
e0210422_1485673.jpg
e0210422_1494816.jpg

この日は、シェフ永井が、今まで自分と関わってきてくれたみんなへ、
また、その反対に、今のスタッフと元スタッフの方からシェフへと
それぞれが持っている気持ちを伝える、温かい場となりました。
e0210422_203472.jpg
e0210422_205758.jpg



その会場に永井が選んだのが、ランス ヤナギダテ。柳舘さんのレストランでした。
ゆえに、もちろんスターターはシャンパーニュ。
e0210422_1545196.jpg
e0210422_1551039.jpg

そのシャンパーニュは、ランスに本拠をおく テタンジェ。
サーヴィスの方が持ってらっしゃる、ボトルカラーと『T』の文字が見えたとき
あ、テタンジェだ~~と、口元が緩んでしまった011.gif

大手のシャンパーニュメーカーで、例えばロデレールや、ボーランジェなど
好きな造り手はいくつかあるけれども、テタンジェもそのひとつ。

テタンジェの何がステキかと言いますと、、、
シャルドネ由来のキレのよさ、なんですが
だからって、絶対にギシギシしていなくって、スマートで繊細なんです。
そんな優美さ、のようなものが私にとっては特徴的で
例えば、クリュグを男性的というならば、その対極をなす女性的な優雅さで楽しませてくれます。

しかも、マグナムボトル。。
レギュラーボトルの2本分の大きさのボトルでのサーヴィスでした。

ワインは、なぜか大きなボトルで熟成させたほうが、美味しいのです。
自身の経験上ですが、多くの方が同じ意見を持ってらっしゃいます。
その科学的な根拠、とか、その理由を説明づける何かがあるのでは?と
数年前のボーランジェのセミナーの際、質問してみたが
『大きなボトルで、ゆっくりと熟成するからかな?』みたいな
答えになってないような003.gif回答だったので、
コレコレこうなので、よりおいしいんです!と胸を張っては言えないけれど
でも、この時のテタンジェは、ほんとに美味しかった。

レギュラーボトル2本と、マグナム1本と、容量は同じだけれども
マグナムの方が高い。
え、逆なのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、シャンパーニュはそうなんです。
多少高くなっても、ぜひ美味しいものを。
そういった気持ちを感じました。


そして、そのシャンパーニュの後の赤ワインは、うちから持ち込みさせてもらいました。

e0210422_0262025.jpg


2005 サン ジョセフ 420ニュイ。 アラン パレ
(ちなみに、マチュザレム。6Lボトル。)

コート デュ ローヌ、サン ジョセフを代表する造り手として
ギガル、シャプティエ、ジャン ルイ シャーヴなどが有名だが
アランさんは、元ギガルの名醸造家だった方である。
ギガルを辞めた後、70年代からこの地でワイン造りを始め
今では、同じく高い評価を得ている造り手さんである。

『nuits』というのは、『夜』という意味で
420日の夜を、樽で過ごした、という意味。
古木、ローマン・シラー100% 。
ローマン・シラーは、カリフォルニア大学の遺伝子研究の結果
ピノ・ノワールの先祖といわれているブドウ木です。

熟成させる樽にもこだわったこのワインは
まろやかで、ほんのりと柔らかい香りと、上品さがあった。
一言でいうなら、エレガント、であった。

アランさんではないけれど、昔、ローヌの造り手の方が言っていた。
『僕たちの畑では、ピノノワールは作れない。
 でも僕たちはシラーで、手と時間をかけて、良いワインを造る』と。 
飲んでいて、そんな言葉を思い出した。

永井が初めてフランスで働き始めた店は、ヴァランス。
当時、おらが畑のローヌのワインは、きっとよく飲んだことでしょう。
そんな思い出の土地の、偉大なる造り手。

あの日、永井が準備してくれた赤ワインは、そんなワイン。

e0210422_1571240.jpg
e0210422_1573788.jpg


























代わりのない存在ってこと

人は真実とされる何かを
分かち合おうとするのね。
by fukky8211 | 2013-10-02 23:24 | ワイン

パリ・ソワール、続き…。

昨日のブログで書きましたスープ、このようになりました。


e0210422_14362824.jpg



ビシソワーズに浮かべたコンソメジュレ、普通はビーフコンソメの場合が多いですが、今回は伊勢エビのコンソメにしてみました。
今日のオススメです。
by fukky8211 | 2013-10-01 14:32 | 料理