人気ブログランキング |

プティ リュタン ブログ

fukky8211.exblog.jp
ブログトップ

アルコールがなくて、おいしい飲み物って、、?

ワインを好きなひと、が、
ノンアルコールワイン、またはサンズアルコールワイン(すこーしだけアルコールあり)を飲むと
おいしくない、、という方がほとんどではないかと思う。
かくいう私もそうである。
が、
たくさんの種類を飲んでいないので、知らないだけで世の中には
『なにこれ!美味しい!』なんていうものもあるかもしれないけれど
とりあえず、今までに美味しいものに出会ったことがないのでありまする。

でも、アルコールが苦手な方でも
『食事中に、ミネラルウォーターでは味気ない。』と思われる方もいらっしゃると思う。
『でも、天然果汁のジュースは甘過ぎて食事に合わない』となると、、、

なにがよいかしら。。。

ノンアルコールワインは、、、香りや果実味の失われた感が激しすぎて、むなしくなるし。。008.gif

ということで、色々ソフトドリンクを試飲してみて
これはどうかしら?というものを入荷しました。

e0210422_22501125.jpgイタリア生まれの、フレーバードソーダ!
 イタリア ピエモンテ州に拠を置く、
 炭酸メーカー『アッボンディオ』。

 天然の原材料にこだわったオリジナルレシピから
 数々の公式な賞を受賞しています。

 料理の邪魔をしない控え目な甘さで
 爽やかさと透明感のある微発泡ドリンクです。

 5種類のシチリア産レモンを使用した
 『ビアンカ』 (275ml ¥600-)

 地中海産オレンジを使用した
 『アランチャータ』 (275ml ¥600-)

 あまり甘くないところがいいな、と思っています。
 あ、あとパッケージも003.gif

アルコールが苦手なみなさま、ぜひお試しくださいませ。
テーブルの雰囲気、変わりますョ023.gif


































スパイラル ライフの60年代な感じから、AIRになって
アルバムが出るたびに音楽性が変わって
はたからみたら、ファンはその度にオロオロして、
専属サポートドラマーだった、あの、あの、希代の名ドラマー佐野氏が去った時も何も発表せず、、
挙句の果てに、2009年、いきなりの活動終了宣言で、ファンを放置した車谷さん。(ちょっとひどいか)

でも、2011、3、11の数日後、自身のサイトで数年前に最愛の人と死別したことを話し
生きろ、というメッセージを残してくれた。
GG11での一夜限りのAIR復活が発表されたとき、
どれだけの人がその日まで頑張ろうと思っただろうか。
共演してたkjが、『俺ら世代にとっては、ミクスチャーヒーローだから』と言っていたが
今年34歳になる私にとっても、まさしくそうだ。
キッズだった私達が、もう30半ば。スパイラルの頃から、20年近く聴いてきたわけだ。

パワーポップも、ジャズもファンクも、グランジもハードコアもパンクもポストロックも
すべてAIRであり、彼の音楽を特定のジャンルで縛ることはできない。
でも、どんな音楽であっても、このハイトーンで澄んだ伸びやかな声は変わらない。

AIRの初期の頃は、世界的な社会問題や政治性を帯びた歌詞も多く
『声にならない声』に目をむけ、この声だけどロウな感じで
『Funny 笑わせるな 何がオピニオンだ』と言い放つ。
その一方で、 ↑ この Hello みたいな、日常を切り取ったような優しい歌もある。
10年以上前、モーニング娘。が、「らぶまっし~ん!!」とか歌ってる時代に
7弦のギターで、重低音をノイジーに響かせながらの
『Me, We.』のようなシングルだしてるあたり、最高にかっこよかった。

ラウドとメロウ。静と動が一緒にあっておかしくないのが車谷さんであり、
今のLaika的な、童謡のような音楽活動はライフワークとして
当時よりひどくなった世の中、社会に対して、パンクスの使命的な、なにかアティテゥードを期待してしまう。
そんなことができるのは、きよしろうさんと、車谷さんくらいだ。

音楽で世界は変わらない。
音楽を聞いて、熱くなった人が行動して
そうして世界は変わっていくんだ。

GG11を見てしまうと、AIRが良すぎて、Laikaとはなにか、、、と思ってしまう。。

車谷さん、とりあえずエレキ、持ってください。
今や、Charaのバックギタリストとしてステージに立つ時しか
エレキを弾く姿がみれないなんて寂しすぎる。。

あ、でも、カンボジアとかでNGO的な社会奉仕活動をしてるときは
もう日本に帰ってこないんじゃないか、、とか
もう音楽活動をしてくれないんじゃないか、、とか思ってたから
生きて、商業的では全然ないけど、音楽してくれてるだけいいともいえる、かな。
# by fukky8211 | 2013-02-20 23:08 | その他

新しい生ハム、登場してます☆

少し前まで、みなさまにお勧めしておりました自家製生ハムは
2年ちょっと熟成させたもので、部位によっては、ジャーキーなニュアンスがありました。

今回、新しく登場しているものは、その生ハムの一年後に仕込んだもので
熟成期間が1年と2カ月のもの。

どんな状態になっているだろう~と、仕込んだ当人であるシェフ永井が入刀003.gif

e0210422_6564474.jpg


e0210422_65936.jpg


乾かせている期間が短いのと
なぜか、、、普通の豚(岩手の岩ちゅう豚)なのにこの大トロのようなサシによって
とても柔らかい状態です。
熟成期間は短めですが、塩はちゃんと入っていて、しっかりとした味わいがあります。

この年の生ハムも、とても良い状態で、ぜひみなさまに召し上がっていただきたいです001.gif
イベリコ豚のサラミやチョリソーもございますので
盛り合わせにした一皿、いかがでしょうか012.gif
# by fukky8211 | 2013-02-04 00:44 | 食材

純粋な夜

今日は、なんて素敵な夜だったんだろう。

すべてのテーブルのすべての方が、ただ単純にシェフの料理を楽しみ、
そして、うまい!と微笑んでくれる。
そして、とあるテーブルでは、コント アルマンの2002 ポマールが妖艶な香りでもって
お客様を喜ばせる。

ゆったりと、ワインと料理を楽しみながら、親しい友と明るく過ごされるこの空間には
なんの下心もなく、ただ純粋に、この時間を楽しんでくれているのが手にとるように分かった。

そんな日は、ほんとうに心から嬉しい。
忙しくてヨレヨレだったとしても、ヨレヨレなことが嬉しい、みたいな感じ、というのか。
なんと言ったらよいのだろうか。

これを充実と呼ぶのだろう。


まだ書きたいことはあるけれども、明日のパフォーマンスにひびくので、今日は帰ることにします。
今日、お越しくださったみなさん。本当にありがとうございました。
























原宿クロコダイルのようなキャパで、田中君のライブが見れるとは
高校生の頃には、到底想像できなかった。
若い頃もステキだったが、今、さまざまなことを乗り越えて
いろんな思いや経験を経た、より深みと優しさのある声が好きだ。
ついでに、顔は、ド真ん中ストライクです。

田中君の、Yucalie さんに対する優しさのあふれた曲。
今日はこれを聴きながら寝よう。
# by fukky8211 | 2013-01-26 02:52 | その他

明けましておめでとうございます☆

みなさま。明けましておめでとうございます016.gif
新年の挨拶が、年が明けて半月も経つと、もうちょっとひどすぎますね008.gif
長い期間、ブログを更新できなくてすみませんでした040.gif

12月に入り、伊藤シェフと2人で大忙しな毎日を送っていると
まっっったくブログにさわっている時間がなく、、、、042.gif
今日に至った次第でございます。

でもっっ!また今年も、ぽちぽちとアップしようと思っておりますので
皆様、ぜひぜひ、たまにはのぞいてやってくださいませ040.gif

本年も、よろしくお願いいたします012.gif
# by fukky8211 | 2013-01-15 17:36 | その他

Il aime bien le porc ❤

11月初旬のとある日。いつものようにノリエットに行くと、、
とあるものが、どでん!と鎮座。

e0210422_081973.jpg


えぇ。
みなさま、そーなんです。ノリエットは菓子屋なんですけどね026.gif
豚もよく目にするんですの023.gif
えぇ。
立派な豚モモ。岩手の岩ちゅう豚です053.gif

店は人が足りている、とは言えないような状況ではありますが
やっぱり今年も豚の生ハムは仕込みMAX!
今年はしかも、12本の予定!003.gif

e0210422_0185838.jpge0210422_0185175.jpg

ぎゅっぎゅ!と押して、いらない血をだし、塩をすりすりとすりこんでいきます。

えぇ。
見ての通り、とっても楽しそう。というか、楽しんでます003.gif
シェフ永井は、肉、好きです。
肉の塊を見ると、ついついBBQ 用と言って買ってきて、冷凍庫をゴロゴロと占拠させています。

この生ハム仕込みの後には、ジャンボン ブラン(火を入れる方のハム)を仕込んでいたような。。
しかも、ロースじゃなくて、モモだよ~と言っていたような気がするが
出来上がりが、きれいなまん丸で、どうやって骨を抜いて、こんなキレイな形に成形したのかしら?と思う仕上がりであった。。
やっぱり永井は、器用なんだろう。

抜いた骨は、もちろんダシをとります。

e0210422_0333883.jpg


また何かの時に作る、キャスレのおダシなんかになったりします。

それにしても、ほんとに楽しそう。
永井の『特技』は『フランス菓子』で、『趣味』は『料理』です。多分023.gif

今年は初めて、鹿児島の黒豚も2本仕込む予定。
また、一年半後が楽しみですね、シェフ。
























永井は、豚も大好きだが、スピードもこよなく愛する人である。多分。
多分、と思ったけれど、車やバイクやスキーが好きなあたり、間違いない003.gif
午前中にノリエットに行って永井がいると、仕込みの雰囲気が攻めてる感じ、がする。
朝、いかに攻めて、それでやることやった後の夕方は、朝の雰囲気とはやっぱり違う気がする。

11月も半ばを過ぎ、今年もクリスマスがちらほら見え始めてきた。
12月になれば、第一週目に一日休んだ後、年末までノンストップになる。
スピード勝負でやって、10分、15分でも休憩時間を作ることが大切になってくる。
みんな、今年も一緒に頑張ろうね。


# by fukky8211 | 2012-11-21 23:34 | ノリエット情報

桃のコンポートの次は。

真夏の頃にお勧めしておりました、桃のコンポートが終わってから
お勧めしておりますフルーツコンポートは、こちら。
いちじくのコンポートです016.gif
いちじくのパイと、ヴァニラのアイスクリームを添えた一皿でございます012.gif

e0210422_197495.jpg


桃の時は、マスカットの甘口白ワインで煮込んで作りましたが
いちじくは、赤ワインに、オレンジや香辛料を合わせたもので煮込んでおります。
いちじくは、アクのあるフルーツですし、確かに赤ワインの方がよく合いそうですよね001.gif
パイは食後でも重く感じないように、非常に薄く仕上げており、さっくりと焼き上げたアツアツな感じは
ヴァニラアイスクリームと相性抜群です011.gif

そして時を同じくして、もう一品。
洋梨のコンポートもございます。
こちらは、キャラメル風味の仕立てで、最後にポワール ウィリアムというブランデーを足すことにより
香りと味を引き締めております。
ブランデーを入れてから火を通しているので、アルコールはありませんが
しっかりそれを感じていただける、大人のためのデザートです。
こちらはまだ写真を撮っていなくて、すみません。。

この洋梨のシロップで、青カビチーズのロックフォールなんかを、美味しく食べれそうな雰囲気すら感じます。

どちらのフルーツコンポートも、今のお勧めで
この機会に是非、召し上がって頂きたいデザートです。

みなさま、来てね012.gif


そして、今年もジビエ(野鳥獣)の季節到来です。
毎年ご好評いただいております、エゾ鹿。今年も入荷し始めました!001.gif
鹿好きのみなさまのお出かけも、お待ちしております040.gif

















もうすっかり秋も深まり、いよいよ冬が近づいてきた。
秋の夜長にはなんとなしに、せつな系の曲が似合うと思う。
彼女が歌うのももちろん良いけど、男の人の感じもいいな。

# by fukky8211 | 2012-11-15 16:41 | 料理

2012 ジャパンケーキショー

昨日今日と、月に一度の連休を頂いている住田です001.gif

さて今日は、今年も開催されたジャパンケーキショーについて書きたいと思います016.gif

今年は10月1日から開催されましたので、作品の納品日は前日の9月30日の日曜日。
納品日前の、最後の休みの日は、もちろん出品する4人のスタッフはみんなノリエットで作業していました。

e0210422_16404079.jpg

グラン ガトー部門に出品する寺山さん。
部門ごとの細やかな規定は、私にはわかりませんが
ある程度の大きさのガトーで、見た目と味で競う部門と思われます。

グラン ガトー部門は、年ごとにプティ ガトー部門と交互になるのですが
寺山さんは、去年のプティ ガトー部門で銅賞を受賞しています。

e0210422_16575627.jpge0210422_16581264.jpg この日は9月26日なので試作段階で、出品するガトーはその後作ったものになります。この時のものを試食させてもらったのですが、味は、オランジュ、プラリネノワゼット、ショコラがメインで、めちゃ王道での、あえての挑戦と思われます。




そして岡本君。今年が初挑戦!であります。
e0210422_194135.jpg

岡本君は、ピエス・アーティスティック部門での出品。飴細工です。
26日の段階で土台は出来ていて、それに組み合わせていく飾りとなるパーツを作っているところです。
e0210422_1973759.jpg飴を伸ばして、花びらを一枚づつ作り、重ねあわせてこのようなお花になります。根気と繊細さを要求される作業です。横でうろちょろ邪魔してごめんなさい026.gif

同じく、ピエス・アーティスティック部門で出品する西嶋君は、私がノリエットに行ったとき、
ちょうど外に出てたので、この日の写真はありません。




そして去年と同じく、チョコレート工芸菓子部門での大作を出品する、大山すずちゃん。
e0210422_19212453.jpg


e0210422_1922473.jpge0210422_19222169.jpg今年のテーマは、エジプト、ツタンカーメンであります。旬なテーマですね001.gif。大阪に始まり、今なお人気のため、会期延長されているツタンカーメン展、行ってみたいと思っていたところでした。もちろん彼女は、見学済み。

この日を終えた時点で、納品日まであと3日。
毎日の仕事を終えた後、毎晩続きをしていたんだと思います。




そして、納品日前夜。
リュタンの仕事を終え、ワタクシが差し入れ片手にノリエットに行ったのが夜中の1時すぎ。

ですが、、、。

グラン・ガトー部門で出品する寺山さんは、本体となるガトーを仕上げて、この日は帰宅済みで、
明朝、最後の仕上げをして納品、とのことでしたが、
飴細工の西嶋君と岡本君。チョコレート工芸のすずちゃんは
まだまだこれからが山場といった雰囲気!026.gif




e0210422_19401660.jpgワタクシがノリエットに到着したこの時。
1:11。
すずちゃんの作品の重要パーツであるツタンカーメン像は出来ていましたが、まだ、土台まわりの飾り付けはこれから。

ピエス・アーティスティック部門に出品する西嶋くんは、この時点で、作品を入れるケースの準備中。
これから飴細工を組み立てる様子。

岡本君は、飴の土台に、作ったパーツを組み立て中。

3人が作っている場所を、i-phone 片手にうろちょろしながら、徐々に作品が出来ていく様は、面白くて、ついつい長居してしまう。
(面白いというと失礼なのかもしれないが、菓子の専門学校に1年や2年いたところで、飴細工やチョコレート細工までは行き着かないのである。その前に、基本の菓子作りだけでもいっぱいいっぱいで、そういった専門的なことは、普通の授業の後に、オプションの別料金で、勉強できるクラスがある位であった。私が辻に行ってた14年前は。)


e0210422_20193883.jpg1:28。岡本君。
パーツを土台にくっつけているところ。
いくつかあるパーツを、全体のバランスを見ながら慎重にくっくける。
土台とパーツの接着面をしっかり熔かして、頑丈にくっつければ
会場まで運ぶ際安心だが、美しくはない。
その兼ね合いが微妙なのだろう。

彼は、7~8割方出来上がっていた時点で、シェフ永井から
『センスがねーな』の一言をくらい、、
くらい、もとい!頂戴し、大幅にやり直す。。。
岡本君、みんなと一緒に頑張ろう!026.gif






e0210422_20473985.jpg


e0210422_20481044.jpgすずちゃんが、土台にガトーを設置し始めて、西嶋くんが、パーツを作りながら飴細工を組み立てはじめたのが2:30ころ。
e0210422_20573827.jpg

土台が出来た西嶋君は、ここからは準備してあったパーツを組み立て始める。


e0210422_2102678.jpg
e0210422_2105388.jpg
手の込んだ細やかな細工のお花。今ここでもし壊れたら、作り直してる時間はない。慎重に慎重を重ねる。



e0210422_2191037.jpg
e0210422_21101396.jpg

すずちゃんが、三カ月みたいな形の、不安定にも見えるところにガトーを設置し終え(見てるこっちはドキドキする。。)、西嶋くんが最後の仕上げをしているこのころが4:00前。

そろそろ先がみえてきた感じである。





まず最初に仕上がったのが岡本君。
e0210422_21182644.jpg

『初めて(出品)にしては、まぁ、できたんじゃねーの』 とは、西嶋談023.gif
この写真ではうまく撮れていないのだけど、女の子の首飾りの可愛らしかった。
手が付いているのは、職人の象徴である『手』に思い入れがあって
それを入れたかったと、話してくれたように記憶している。

このときすでに4:00はとっくに過ぎていて、ワタクシの記憶も曖昧であることはお許し頂きたい003.gif



e0210422_21311712.jpg
e0210422_21312062.jpg

こちらは、西嶋君の作品。このとき4:30前。
この写真を撮ってしばらくしてからは、
背景がまっさらなところに移動させて撮ればよかった~008.gifと後悔したものだが
今となっては、窯があることが菓子屋らしくて、それもまた味わいがあるように思っている。
この繊細な花を作るのに、どれだけの労力と時間がかかったことだろう。
これが飴であることを忘れさせる、写実性も豊かである。
去年より、腕を数段上げたのは一目瞭然で、きっと、仕事の後に、練習していたのだろう。
繊細で可憐な花を支える蔦は、カラフルな宝石のように輝いている。
写実的なクールな美しさと、ポップな可愛さが絡み合った、ステキな作品だと私は思った。



そして同じころ、すずちゃんの大作も出来上がった。
e0210422_2159281.jpg 



ツタンカーメンの頭の部分や、胸元は、きっちりサイズを合わせなければ隙間ができて組み立てれない。
寸分違わぬ作業が求められたことだろう。
土台のピラミッドもしかりである。
砂漠のオアシスのイメージなのか、パイナップルやパパイヤなどのフルーツもとってもステキだし、
蓮の花の美しさもまたしかりで、もっとアップな写真を撮っておけばよかったと後悔している。。
チョコレート工芸菓子部門は、茶色一辺倒な作品もいっぱいあるけれど
ゴールドやブルーを多用した今回のこの作品は、会場で多くの人の足を止めていた。
今回、賞を取ることはできなかったけれども
技術ではない何かでも、人に訴えることができるという証拠だと思う。






e0210422_2213097.jpg

今回の、ジャパンケーキショーに向けて、みんなが作業してるところを撮った写真は
数えてみると、全部で68枚だったが、その中でこの写真が、私は一番好きである。
ケースに入れ終え、完全に仕上がった作品と作者のすずちゃんである。
このとき4:41。
徹夜で走り続けた疲労感と、納品に間に合ったという安堵感。
そして、出来上がった達成感からのちょっぴり幸せな雰囲気。
色んな気持ちが伝わってくる、素敵な表情だと思っている。

結果は後からついてくるもので
その過程にこそ、たくさんの大切なことがあるんだと思わせる貴重な一晩であった。
みんな、ほんとにお疲れ様でした。
真剣に作業してる横でうろちょろと邪魔だったと思うけれど
だたのノリエットファンとして、記録しておきたかった。
どうもありがとう012.gif




















祈りを捧げて 新しい日を待つ
鮮やかに光る海 その果てまで
# by fukky8211 | 2012-10-25 23:26 | ノリエット情報

今伝えたいこと。

みなさま、本当に、お久しぶりの住田です。
一カ月半もブログを書いていないと、みなさまに伝えたいことはたくさん!
書きたいことはいくつもあるにもかかわらず
ただ、9月も変わらず忙しくさせていただき、今までなら休みの日に書いていたけれども
元気だけが取り柄のワタクシが、ヘンテコリンな神経痛の治療のため
毎週神経ブロックなんかをしていたため、その後数時間は、ぐったり。。
休みの日に書けなくて、今日に至ってしまったわけであります。。

でも、もう大丈夫!012.gif
あいかわらず少しづつですが、また書いていきたいと思います。

今、伝えたいことはこの2つ。
まずは、今年も開催されたジャパンケーキショーについて書きたいと思います。
ジャパンケーキショーとは、東京都洋菓子協会が主催する、製菓業界の作品展のことで
今年はノリエットから、4人が出品しました。
毎年10月にあるのですが、今年は10月1日からの3日間、開催されました。

出品日前の最後の休みの日に、作品にとりかかっている様子。
そして、出品日前夜から、徹夜で仕上げた様子など。
たくさんの写真を撮ったので、それもただ今画像処理中。
近いうちにその記事を書こうと思っています。

出品日前日。リュタンの仕事を終え、夜中の1時位だったけど
たぶんまだみんなやってるんだろうなぁ~と、差し入れ片手にノリエットに行ったら
まだまだ製作途中で。
昔、TVチャンピオンというテレビ番組があって、いろんな職人が技を競い合う番組で
何もないところから、すごいものが出来上がっていく様を、わくわくして見ていたが
あの晩は、菓子職人のTVチャンピオンを見てるみたいで、非常に興味深く、
ちょっと差し入れして帰るつもりが、作品が出来上がる朝まで結局いた、みたいな一日だった。

ノリエットは今、人が足りない状況で、いつもすごく忙しいので
今年は誰も、出品しないのかと思っていた。
そんな中で、本当に頑張ったと思う。みんな、お疲れ様。
たくさんの写真と共に、アップしたいと思います。


そして2つめ。
9月に、突然辞めた一人の従業員が起した問題をめぐり
警察や弁護士を交えた結果、示談という結果になったこと。
12年、この業界で仕事をしているが、こんなことは初めて経験した。
『医師』という免許を持っているだけで、そんなことが許される日本。
法の穴をかいくぐった、用意周到な詐欺みたいなものだと私は思っている。
(この文章を読んで、今度は私を名誉棄損で訴えるかもしれないね。)
国会は空転。国の予算も決められないような今の日本の現状を見ていると
細やかな法改正などできるはずがない。
『加害者』となってしまった、今、ノリエットで頑張っている彼は
示談金なのか、罰金なのか、それプラス、弁護士費用が多額にかかった。
当の本人でない私でさえも、怒りをおぼえる。
『示談』ということで、もう彼は終わりにしたかったのだろう。
ゆえに、彼がこの件に関して語ることはできないが
周りで見ていた私は、許される範囲でこのことについて、書きたいと思う。

『被害者』として、多額の金を受け取ったYは、きっと実家で
モンスターぺアレンツに守られ暮らしているのだろう。
Yにあんな知恵はない。
すべて両親が考えて行動した結果だと思っている。
Yは、自分は『被害者』として、『勝った』、と思っていることだろう。
そして、のほほんと、自身のフェイスブックで
『どこか、いい就職先ないかな~』みたいなことを書いていた。(ツイッターだったかな)

Yがいうところの、『良い就職先』というのが、どういったことを指すか分からないが
東京の、個人がやっている有名パティスリーでは、ほぼ100%働けないだろう。
(ジャン=ポール・エヴァンとか、アンリ・シャルパンティエみたいなでっかい企業体は別。)
東京には、日本洋菓子協会連合会という、社団法人があって
定期的に、協会の組合員である多くのトップシェフ達が集まり、色んな話をする場がある。
こういうことで、苦情がきたりしたから、みなさんも気をつけて、だとか
様々な情報交換をする場でもある。
ノリエットの永井は、その日本洋菓子協会の副委員長である。
今回起きたこの件は、東京のトップパティスリーでは知らない店はなくなるだろう。
そしてこの件を知っていて、Yを雇いたがる人はいないだろう。

Yは、自身のフェイスブックかツイッターで
『あ~、また週90時間労働が始まる。。』みたいな内容を、仕事が休みの日に書いていた。
長い労働時間も不満だったのだろう。
それならば、大きな企業で、でっかい工場みたいなところが、Yのいうところの『良い就職先』になりえるかもしれない。
でも、この今の日本。様々な企業が赤字を抱え、そのためにリストラし
その結果、残った人間が少ない人員でやっていくため、過酷に働いているだろう。
Yが望む条件の就職先は、『菓子屋』というカテゴリーの中では、夢物語のように思える。

Yは、辻のフランス校を卒業して、ノリエットに就職した。
ノリエットを職場として選ぶ、ということは、多くの場合、
シェフ永井の技を覚え、将来、自分の店を持ちたい、という夢などがある人間がほとんどだろう。
なぜなら、だた菓子に携わっていたいだけなら、もっと楽で、給料がよい職場があるからだ。
でもYは、そうではなかったんだろう。
長い労働時間が嫌だ、なんて思う人間が、自分の店を持てるわけがない。
菓子屋は季節労働だ。夏は暇でも、12月ともなれば
朝の6時から夜の21、22時までなんて、ざらにあることである。
菓子屋は、見た目はメルヘンでも、仕事はそうじゃない。

楽な仕事をしたいのなら、フランス菓子はやめた方がよいと思う。

この件を公にすることは、『両刃の刃のようなものだ』と永井は言っていた。
こういうことがあったりするので、みなさんも気をつけて、と伝えられると同時に
なるほど~、こうやって金を取れる、と悪用する人間もいるからだ。

けれども、ノリエットとして、永井として、この件は公にする。
時系に沿って、詳細に永井が文章にしている最中である。
ホームページなり、ノリエットブログなり、永井のフェイスブックなりで公表する。
弁護士さんに、実名はNGと言われたので、Yということにする。

Yは、ノリエットの人間だけど、リュタンも手伝ってくれていた。
夏休みの前日。ノリエットのみんながリュタンで宴会をしているときに
Yはリュタンを手伝ってくれて、めんどくさい洗い物も
『どんどん持ってきてください!』と嫌な顔ひとつせずにやってくれたりするような、優しい男だった。
突然辞めた前の晩も、忙しいリュタンを手伝ってくれ、
仕事がひと段落した時に、ワインが好きで、ボーヌのワインのお祭りに行った話や
ヴァン ジョンヌを飲んでみたくて、ジュラ・サヴォア地方に行った話などしてた笑顔に
嘘などはなかったのだろう。

Yのすべてが悪だとか、すべてが嘘だとは、私は思っていない。
嘘の中にも真実はあったと信じている。

永井が文章を書き上げ次第、この件について、またアップしたいと思う。
# by fukky8211 | 2012-10-18 03:06 | ノリエット情報

営業再開しております☆

みなさま残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。住田です012.gif
お盆の後、一週間以上のお休みを頂戴し
8月24日より、営業再開しております001.gif

ご好評いただいております、桃のコンポートも、もうしばらくは続く予定です。
また、ここ数日のランチでは、お肉料理で
鳥取の大山地鶏と冬瓜のフリカッセを、おすすめしております。

e0210422_23392346.jpg

焼いた鶏モモ肉を、チキンブイヨンで煮込み、軽くバターをたして
ローストしたトマトとさっと合わせたこの料理は
トマトの爽やかさと、冬瓜のすっきり感があいまって
『煮込み』ではありますが、とても軽やかで優しい料理です012.gif。暑い日々が続きますが、そんな毎日でも食べやすい一皿です。
みなさま、きてね016.gif
















e0210422_2339399.jpg7月8月は、おかげさまで忙しくさせていただき、その分休みの日に、雑務をなんとか消化していく。
そんな日々を過ごしていたので、この度の夏休みは東京を離れ、心から落ち着いた日々を過ごした。
飲食店で、個人経営の小さな店の場合、3~4日のお盆休みが普通だと思うが
8日間ものお休みと、ボーナスを与えてくれるシェフ永井は、本当に優しい人、だと思う。
こんなにいただくほど売り上げていません。。。と言えば、じゃあこの先、その分頑張れ~と言ってくれるし
長いことお休みを頂戴したお礼を言えば、まーなー、たまには命の洗濯しねーとな~と笑って言う。
きっと永井がフランスで最初に働いた店のジローさんも、そんな方だったんだろう。

地元の米子に帰る前に大阪に立ち寄り、ひさしぶりに北新地を歩いた。
2軒のワインバーで過ごしたが、どちらも店主の人柄が魅力的な店で
またなにかのときには伺いたいお店である。
みどりさんの優しさは、あいかわらずであった。
色々食べて、南仏のラストーの、熟成感が出てるんだけと、やっぱり濃いワインのあと
みどりさんがあけてた、ドイツのカビネットのリースリングの美味しかったこと。
いくつになられてもきっと、リースリングのようなあんなチャーミングな香りと爽やかさの似合う方だろうと思う。
米子では、また少し成長した甥っこと、花火をしたり、海に行ったりと夏らしく過ごし、皮膚の弱いワタクシは、背中から腕から水ぶくれになり、今やペリペリと脱皮状態なのはよい思い出である。
ポケモンのキャラも、あれだけ本を読んだ(読ませられた)あかつきに、結構覚えた。かんくん、おばさんはムンナが好きだよ。
また一緒に遊ぼうね。


君がすきだから
いつもそばにいたいから
# by fukky8211 | 2012-08-29 23:25 | 料理

夏休みのお知らせ

みなさま、お久しぶりの住田です012.gif

もうすでに、ブログとは呼べないほど、7月アップできなかったのは
みなさまに、リュタンにお越しいただいたからで
昼、夜、満席だったりしますと
昼の営業の後、ろくすっぽ休憩しないまま、夜営業に突入する。。ような日々だったのでした026.gif
文章、書いてる時間がなかったのです。。014.gif

そしてロンドンオリンピックが始まり!

ご存じのとおり、ジョジョが好きなワタクシは(ご存じない?003.gif)、
戦ってどっちが強い!?みたいなのが好きなわけで
『ピピー!4年に一回、種目別、世界ナンバーワンを決めます!
 ルールにのっとって、戦い、スタート!』されて
夜の仕事を終えて、1時とかに家に帰ると、LIVE で放送されている試合をみてしまうわけで。。。
朝の4時だの5時だの、しらじら明るいどころか、しっかり外が明るくなってから寝る日々を送っておりますと
やっぱり書けない、のでした。

昨日の卓球女子団体決勝は、仕事をダッシュで片づけてLIVE で見たけれど
息つく暇もないような、胸の苦しくなるような戦いだった。
私の父は、卓球をしていて、現役時代は日本代表として世界の選手と戦っていたが
父の時代はまだ卓球はオリンピック種目ではなかった。
世界選手権と、オリンピックはやっぱり違う。
きっと、感慨深い思いで、父も見ていたと思う。
しかも、子供のころからテレビで見ていた、あの泣き虫愛ちゃんが
オリンピックメダリストになった。
勝てない時期は、マスコミに色々言われたりして辛かったと思うが
それでも戦い続けて、今に至ったことを、ほんとうにおめでとうと思う。

その後は、男子サッカー準決勝を見ていたが、1-1の引き分けになったあとくらいから意識がなくて014.gif
朝結果を知ったのでした。。
なでしこの決勝は確か、10日の3時30ころキックオフとか。。
今日のデイスポには、沢選手が90分で決めたいと書いてあった。
この言葉を信じれば見れる、かな?023.gif



今日、ひさびさに自分のブログを開いて
ちらりとアクセス数をみてみると、全然アップしてない日々が続くのに
見に来てくれてる数をみて、今日はアップしなきゃ!と書いてる次第です。

今週一週間、15日まで営業しまして、16日木曜日から、23日木曜日までお休み頂戴いたします。
お盆期間中は営業しますので、みなさま 来てね016.gif


















個人戦より団体のほうが10倍好きだと、愛ちゃんは言っていた。
3人で仲良く、明るくインタビューに答える姿は、ほんとにほほえましかったナ023.gif

かわいた風にゆきづまっても
怖くはないわ 一人じゃない
# by fukky8211 | 2012-08-09 00:08 | その他

自家製生ハム、今日から再登場です☆

今年の3月ころ。
みなさまにお勧めしておりました、自家製生ハムですが
『もう半年くらい熟成させてみよう。もっと味が凝縮して美味しくなるよ~』と永井が言うので
残り2本は、ノリエットの豚用セラーですやすや寝ておりました。

が。

毎日、その豚を見るたび、きっと永井は
『どんな味になってるだろ~か?』とか023.gif

『この、けもけものカビ、すごいな~、良い生ハムの証拠だ~』とか思っているうちに
洗って、乾かして、切って、味をみたくなったのでしょう003.gif

リュタンの、ハモン セラーノ(スペイン産生ハム)がまだまだあるうちから
『次の生ハムは、オレのいくから!』とか023.gif
『今リュタンの生ハムどれくらいになった?』とか037.gif
『もうそろそろ、うちの生ハム洗わなきゃなんねーな』とか003.gif
まぁ、もう切ってみたくてしょうがなくてですね。。037.gif

ようやく、ハモンセラーノが終わって
今日から自家製生ハム登場となったわけです!016.gif
え、前書きが長いって?023.gif


夜の営業前。
ばたん!と扉が開いたと思ったら、永井が
『生ハムセットしなきゃなんねーだろ~』と登場。

e0210422_2052819.jpg


e0210422_2061670.jpg


えぇ。
おととし仕込み始めてから、塩水に漬けたり、洗ったり、塩をすりこんだり、ラード塗ったり。
夏の暑い時期は、長野の知り合いの別荘に吊るしにいったり。
休みの日にも、店にでてきて世話する様は、まぁ、かいがいしかったわけで。
そんなこんなでようやく出来上がった、まさに手塩にかけた豚を
自分でハモネロにセットして、入刀したかったわけです003.gif。たぶん023.gif

e0210422_2082939.jpg



この美しい断面。。010.gif

e0210422_2093970.jpg


ねっとりとした脂。しかもこの脂の香りの良いこと!
塩もしっかりと効いていて、だけど、その塩けに負けない旨みがあるので、バランスが良い。
久しぶりに、この自家製生ハム食べたけれど、やっぱり美味しくて、ほんと上手にできてると思う。

生ハムが好きな方はもちろん、普段はあまり注文しない、という方にも是非食べて頂きたい品です。
これはもう、爽やかなスパークリングでしょう!011.gif
グラス片手に、しばらく楽しめます016.gif

みなさま、きてね012.gif
# by fukky8211 | 2012-06-28 23:33 | 食材

イメージ 竜宮城的な☆

休み前の火曜の夜。
ほぼ満席の営業が終わって、片づけ終わるとセコムのシンデレラタイム023.gif
アワアワと発注を送り、シェフは終電に向かって急ぐ。
ワタクシは自転車通勤なので、自転車が置いてあるノリエットまでテクテク。
台風が来るとか来ないとからしいが、まだ降っていなくてよかった、なんて思いながら。

火曜の夜は、久しぶりにリュタンに来てくださったお客様がいらっしゃったが
変わらずお元気そうで、嬉しかった。
その方にもお勧めした料理を、今日はご紹介します001.gif

先日、淡路の成瀬シェフから、明石のタコやモンゴイカを送っていただき
また、北海道からは帆立貝柱。
そして、ニューカレドニアの旨みの強い『天使の海老』。
カツオのたたきのように仕立てたマグロのマリネや、自家製のサーモンマリネ。

海の幸のおすすめが色々とありましたので
盛り合わせにて、みなさまに楽しんで頂きました016.gif

e0210422_21263028.jpg


海老と合わせる用にシェフが作った、ソースマヨネーズが美味しくて
バゲットを焼いて~バター塗って~マスタード塗って~
それからレタスとハムと、このシェフのマヨネーズをたっっぷりはさみこんだ
カスクルートを食べたい。。。011.gifと妄想が膨らんだほどです。

こんな一皿とは、爽やかなソーヴィニヨンブランがいいなぁ~と
マールボロのステキなワインも今日発注しました。
ねっとりとした自家製サーモンマリネや、海老マヨには最高かと。。003.gif

ちょっと暑くなってきた、そんな日のアントレにはピッタリ!かと。

これからのじっとり026.gifしてしまう梅雨の日には
このような爽やかさで勝負したいと思っております。

みなさま、来てね023.gif




























今日はワインの業者さんと、色々試飲させていただきながら
色々話をするべくリュタンへ。
話が終わった後は、昼間から一人でそれらのワインを飲んでいた。
飲みながらのぽやん、とした頭で、今日はテレビ、見れないなぁ、とか思っていた。
今日一番のネタは、もちろん AKB48 の総選挙だろうが
今日は、渋谷で馬場さんの献花式があるので、もしかしたら取り上げられてるかも、と思ったからだ。

hide ちゃんの献花式には、5万人を超える方が集まったとされ
美空ひばりさんや、尾崎豊さんのときをこえるその状況に、もちろんマスコミが殺到。
その報道のされ方に、昔胸を痛めた記憶があるからだ。

コメンテーターの、。。。?(ハテナ?)のコメントは言わずもがな。

なんのコネもない普通のファンは
本人に会ったり、お話ししたり、ふれたりできないわけだが
きっと心から大切に思っている人がたくさんいて、いてもたってもいられなくて、とか
『最後のお別れ』という儀式をすることによって、心の整理をしよう、とか
とにかく生きていくことの辛さに大直面して苦しんでいる少女たちを
野次馬で見に来た大人たちが笑っている様は、はっきりとそれはホラーの世界だった。
要するに、ゾッとした。

あの時10代だった私は、キモチワルイオトナ。と思った。
hideちゃんを、ヴィジュアルからバカにしてるからなのだろうか。
全然知らないけど、貴志さんのこととか、知ってる部分からはとても心優しい人で
あんな男前でセクシーでチャーミングなフロントマン、そうそういないぞ、と思う。
だから女性だけではなくて、男の人にも人気があって、馬場さんも敬愛してやまず
腕にhide ちゃんのタトゥーを刻むほどだったんだろう。

14歳年上のhideちゃんが、長い眠りについてから14年が経った。
今、同じ年になってみて、あまりにも早すぎることを深く実感する。
今さらながらに今を大事に生きようと思う。

今日は日本中の百合の花が、SIBUYA-AXに集まったんだろう。

式の時間には雨は上がっていた。
ファンのみんな、よかったね。
ワタクシは、馬場さんも好きだったお酒をいただきながら、さようなら。
またね。


蔦は絡まり身は朽ち果てて 思い出の欠片土に帰り
また花となるでしょう like a merry-go-round & round
また春に会いましょう
# by fukky8211 | 2012-06-06 14:39 | 料理

海の男なのだ

みなさま、お久しぶりの住田です001.gif
えぇ、今日もこの合言葉で始めます003.gif

一年で一番忙しい月である12月より!忙しかった3月、4月。
その流れで5月もシェフとふたりで大忙し。
なので、仕事の日にはブログアップ出来なくても、休みの日には iphone からアップしよ!と
でもやっぱりキーボード入力が楽だから~と
ブルーテゥースで飛ばすちっちゃなシリコンキーボードまで買った!のに
一度も活用せず、今日に至る。。012.gif
今日は活用します023.gif

さて。ノリエットブログが始まり、ワタクシがノリエットのことを書くのも少なくなるかな、
なんて思っていた今日このごろ。
でも、今日はこれをアップしておきます001.gif

e0210422_17542899.jpg
e0210422_19156100.jpg


3月の終わり。
永井は、宮城のわかめ漁の手伝いに行っていたのでした。
これはもう、すっかり海の男。本来の職業はみじんも感じさせない図003.gif

『取ったどー!』の、このくったくのない笑顔は、写真にしていて、
みんなで餅つきしたときの集合写真と共にリュタンの厨房に貼ってある。

レストランで仕事をしてると、まぁ、ほんとにびっくりするような色々なことが起きたりするもので
そんなアワアワのときは、その2枚を見て、心を落ち着かせてるのだ023.gif













これも心穏やかになる感じ。

ここってやっぱり沖縄なのかな。ほんとにキレイな場所。
# by fukky8211 | 2012-05-31 00:32 | その他

ノリエットブログ、始まりました☆

先月の末より、ノリエットのブログが始まりました016.gif
スタッフのみんなが、交代でアップしていくのかな?と思います。

そのブログによって、みなさまにもっと
ノリエットのお菓子のこと、シェフ永井のことなど知っていただけたらと思います。

ここリュタンブログとあわせまして、みなさまどうぞお付き合いくださいませ001.gif

ノリエットブログはこちらです001.gif

























先々週の休みの日。
かっぱ橋に買いものにでかけ、欲しかったエスカルゴの器やカラフェを購入。
そんな買い物途中に、スカイツリーをひやかし003.gif
おのぼりさんらしく、カメラでパチリ。
こんどはコストコでワインやチーズ、
うっかりBBQ用の肉の塊を買いそうになるところをぐっとこらえながら
すべての買い物を終え、岐路へ。

そんな車の中、ラジオから Life goes on が流れる。
今日のお天気にぴったりな、春らしい曲だなぁ~懐かしい~と思って聴いてたら
馬場さんのご冥福をお祈りして、かけた、なんて言う。

。。。


あまりに突然だったので、えー!!!と一人で叫んでしまった。

馬場さんが特別好きだ、とかじゃないけど
学生のころ、さんざん聴いてたDAなので、しばらくずーーんとした。
若すぎる。
ミッシェルのアベさんのときもそう思ったけど。


その晩は、二週連続となるけど梅ヶ丘の美登利寿司に行き
いつも以上にお酒がすすんだのは言うまでもない。

馬場さん、どうぞ安らかに。
むこうでhideちゃんと仲良くね。

Life is 時にそれは果てしなく長い道程でも
毎日の日々それは風みたく早い勢いでも
# by fukky8211 | 2012-05-09 23:29 | ノリエット情報

春のおすすめです☆

みなさま、お久しぶりの住田です012.gif
ここ最近、怒濤の忙しさだったので、さっぱりブログアップまでたどり着けませんでした。。
が。
今が旬の、季節のおすすめ食材だけはアップしたいっ!と、昨日写真を撮りましたので
今日はそのご案内です016.gif

e0210422_13241663.jpg

フランス産のホワイトアスパラ!です。
釜茹でして、シンプルにバターソテーしてもよし010.gif
釜茹でのあと、キリリと冷やして、サラダ仕立てもよし011.gif
優しい甘みと、山菜のようなほんの少しのほろ苦さ。
穏やかな旨みがじんわり広がる、大人のための料理です。
(↑上の写真は、冷製に仕立てた皿です。オレンジ風味のビネグレットソースで。)

しばらくの間の、おすすめ食材です。(一皿 1.200円)
みなさま、来てね☆001.gif
# by fukky8211 | 2012-04-28 08:51 | 食材

ピュリニーの至宝

先日。
ルフレーヴが大好き❤というお客様にオーダー頂いた、ルフレーヴ マコン ヴェルゼ09。
あけてみるに、ルフレーヴらしさがあまり感じられない。。
シャープでクリーンネス。そして清楚でありながら、実に豊かな味わいのルフレーヴなはずなのに
香り、味わい共に『らしさ』が弱い。
でも決して、味がおかしいというわけではないし
これが5本買った最後の一本ということもあり、そのままテイスティングして頂いた。

が。

『なんか、思ってたのと違う。』
そう言われ、やっぱりそうですよね。と謝るしかなかった。
美味しいワインではある。が、ルフレーヴではない。
代わりにもう一本開けたいところだが、もうない。
ルフレーヴを楽しみにされていたお客様は、元気をなくされてしまった。

そのとき、リュタンのセラーにある他のルフレーヴのワインは、ただ一本。
バタールモンラッシェ96。
リュタンを開店する際に、永井が9年前に仕入れたワインである。

悲しませたお詫びに、このワインを私からと、おだしした。

偉大なるルフレーヴの特級畑。しかも96。
正規輸入元から、とある人を経てリュタンにきたこのワインの出どころは確か。
保存状態に問題さえなければ、素晴らしいものが約束されている。

抜栓してすぐ思った。これは素晴らしい!と023.gif

開けた瞬間から、香りがボトルの周りにぼたぼた~!と落ちているように感じられるくらい
華やかな香りが広がったのである。
香りがぼたぼた落ちる、なんて表現は下品だと自分でも思うが
そんな風に思ってしまうような、厚みのある香りなのだ。
『香りが強い』と言ってしまうと、『香水の香りが強い』のような
『行き過ぎた香り』というようなニュアンスが入るように感じられるので
ここではやはり、厚みのある香り、と言いたい。

味わいは、ルフレーヴそのもの。
グレープフルーツの蜂蜜がけのようなほの苦い甘酸っぱさ。
それでいて、キリリ!としたミネラル感。
なのに!ドライアプリコットのような豪華な濃縮感も感じられる。。
そして後から、木樽熟成による、バニラのようなナッツのような香りが鼻をくすぐる。
ドライなのに、コクのある厚みがある。
相反するような要素があるのに、決してバラバラに感じられるのではなく
一つの味としてまとめ上げられていて、なおかつクリアーで滑らかなのである。。
ルフレーヴ、さすがである。。
バタールモンラッシェとして、これが完璧な状態なのではないだろうか、と思ってしまうほどであった。

お客様がご機嫌を直されたのは、言うまでもない。
『生きてるうちに、こんなワインをまた飲めるとは思わなかった。
 ほんとうにありがとう!』と、とても喜んでくれ、
私からのワインのつもりだったが、そんなことされるともうここに来れなくなるからダメ!と
お支払いをして頂いたうえに、一緒に飲ませていただいた。

この日のワインは、バタール モンラッシェだったが
小説家のアレクサンドル・ドュマが、ル モンラッシェについて
『このワインの前では、頭を下げて
 膝まづいてでしか、味わうことができない』と残したことを思いださせるワインだった。

そのお客様の連れの方が、「今まで飲んだワインで、とっても美味しかったワインのお話をして」、
とおっしゃるので、これこれこうで~と、飲みながらのぽやんとした頭で話していたら
「昔の恋人のこと話してるみたい」と笑っておられた。
舞台で活躍する女優の彼女は、初めてシャンパーニュを飲んだ時のステキな話をしてくれた。

素晴らしいワインの前では、みんな饒舌になる。
でもその合間。ワインにも耳を傾けてほしい。
思わず黙ってしまうほど、たくさんのことを語りかけてくれるから023.gif

e0210422_17515136.jpg
本当にステキな夜だった。
# by fukky8211 | 2012-04-11 17:25 | ワイン

下高井戸 大さくら祭り

先週末、31日の土曜日と、1日の日曜日は
下高井戸のお祭りがあったのでした001.gif
とはいっても、31日の土曜日は、みなさんもご存じの通り、春の嵐の大暴風のため
中止となりました。。007.gif
が、翌1日は穏やかな良い天気となり、予定通り開催されたのでした016.gif

ノリエットからは、クレープ屋さんをだしていたので
どんな屋台か見てみたい~と、
リュタンの昼営業の後、てくてく歩いて、さくら祭り会場に行ってみたのでした012.gif

e0210422_21561971.jpg

こんな感じ001.gifで、私が到着した15時ころは
お客様がとぎれず、すずちゃんが焼き続ける、といった状況で
今日のまかないは、ノリエットのガレット~011.gifと思っていたワタクシは
しばらくおあずけ、、状態で、やっと買えたのでした023.gif

e0210422_220466.jpg食べてみて、とっても具だくさん!の内容から考えると安いっ005.gif。甘い系統のショコラやマロンも食べたかったな023.gif




下高井戸のさくらはまだ全然、あのときは咲いていなかったけど
今日家から出て、上北沢の桜並木は、満開とはもちろん言わないけれども
半分くらいは咲いてる感じで、とってもキレイだった。
上北沢は、今週末、桜祭りです012.gif

去年の今頃は、震災後まもなくで
桜だの花見だの、めでてる場合か、みたいな状況だったけれど
今年は少し落ち着いた気持ちで、綺麗だな、とか思えるだけで
自分の今いる環境は恵まれてると、しみじみ感慨深い。

4月がスタートして、新しいことが始まるこの季節。
ノリエットでも、新メンバー加入したり、逆に、辞めて次に向かう人がいたりとめまぐるしい。
咲き誇った桜が散っていくのがなんだか物悲しいように
今まで一緒に頑張ってきたスタッフが辞めるのはとても寂しい002.gif
でも、生きていくことは選択していくことで
始まりがあれば終わりがあるのだ。
桜を見ると、また今日思ったことを思い出すんだろう。















もとうたより、フージーズのカヴァーのほうがすき。

俺たちの善い友達 もういなくなったけど
生きてるうちはそんなこともある
これから大きな未来があっても
過去は忘れられないものなんだ
だから涙をふいて
# by fukky8211 | 2012-04-04 21:41 | イベント

つまりは単純にスキーが好きなのさ

この間の、シェフ永井の誕生日には
私からは、厨房での仕事の様子や、被災地での活動風景、また遊んでるときなどの写真を
絵本みたいにしてプレゼントしたのでした023.gif

そのとき、パソコン内の写真を整理していて、でてきた一枚。

e0210422_041344.jpg


2月の最後の休みの日に行ったスキー場。新潟の神立。
すごく景色の良いスキー場でした。人も少なくて、この斜面なんか貸切みたい003.gif
おもいっきりすっころんでも、人と衝突する危険性はなし!
安心して滑れました012.gif


こんなステキな景色も、たとえば20年後とかに、頭の中だけでは思いだせないんだろう。

ハタチとかの若い頃、旅行とかイベントとかで写真を撮ってる人を見ると
写真を撮ることに追われて、今、この瞬間をあまり楽しめないのでは?
写真より、今をもっと楽しめばいいのに、と思っていた。
けれど、その時もらった写真を今見ると、写真を見て、忘れてたことを思い出したり
鮮明に記憶が蘇ることがある。
自分が体験したことなのに、忘れていて、忘れていることにも気付かない。
それは当たり前にあることだけど、なんだかちょっぴり寂しい。。
あのとき、写真を撮ってくれてる人を、そんな風に思っていたけど
今は、形にしてくれてありがとうって思う。
だから私は、これからもきっと撮り続ける023.gif

シェフのお誕生日の日。
おめでとうございます、と言うと
『この年になると、もうめでたくないんじゃない~~』と笑っていたけど
そんなことない001.gif
いくつになっても、誕生日はおめでたくて、うれしいもの、です。
また思い出も023.gif












子供のときから、もう何度も見た映画。

べたなアメリカンコメディかもしれないけど
冴えない聖歌隊が、どんどん上手くなっていく様子にわくわくしたし
歌ってるところを見てると、明るくて元気な気持ちになった。
20年も前の作品だけど、今見ても、またきっと楽しめるんだろうな。

テレビを見てると、いろんな問題だらけで
先が見えない、将来が不安だ、みたいな話ばっかりだけど
先が見えないからこそ、人生なんて自分で変えられて楽しいんでしょうが、と
デロリスなら笑って言いきっちゃうんだろうな023.gif
# by fukky8211 | 2012-03-21 01:12 | その他

生ハム、つくってます。

ずらりん。
e0210422_19472398.jpg

先日の、餅つき&バーベキューの際、シェフ永井宅を訪れると
納屋に、ずらりとぶらさがるものを発見。

豚の足が8本。生ハム熟成中なのでした003.gif


e0210422_16122547.jpg

去年の秋口、鹿児島の豚など8本の豚モモを仕入れ、塩漬けにし
まだ外気温が温かいうちは、このようにセラーにて熟成させていました。
e0210422_16125645.jpg


来年の夏前くらいが、食べごろかしら?011.gif
3月も半ばを過ぎ、日中は15℃くらいまで温かくなるようになりましたので、先週
長野にある、オー ボン ヴュータンの河田さんの別荘に移させてもらったところでした。

おととし仕込んだ4本は、そろそろいいかもしれないよね!と切ってみたら
、、、最高!005.gifだったのです。
正直、シャルキュトリの職人ではない永井が、この状態の生ハムを作れるとは。。。005.gif
美味しい生ハムを置いている、レストランで食べたものと
美味しさレベルでは遜色ない、と思える。。
私が言っても、手前みそなんですけれど003.gif

4本のうち2本は、ノリエットで売ったり、リュタンで勧めてなくなりまして
残り2本は、あと半年くらい熟成させてみよう、と
ただいまノリエットの豚用セラーに吊り下がってます。
見ると、カビだらけでびっくり!されるかもしれませんが
これをきれいに洗い流すと、最高の生ハムが顔を出します001.gif
みなさま、半年後をお楽しみに~011.gif




追伸
先日3月12日は、シェフ永井の誕生日024.gif
ノリエットはバースデイ記念で、全商品2割引きしてました~003.gif

そんなシェフ永井に、ノリエットのみんながプレゼントしたものは、、、
こんな立派なハモネロ!
e0210422_1713891.jpg


少し前から、生ハムの台が欲しくて
『買おうかな~どうしよう~すごいいいのがあるんだけど、高いから~
 どうしたらいいと思う?』
なーんて言っていた永井には、最高のプレゼントだったと思う!023.gif

このハモネロの台の部分は、イベリコ豚にちなんだ、どんぐりの形。
重厚なのに、かわいらしい001.gif

また今年一年も、この木の実のように、シェフにとって実りある年となりますように012.gif


# by fukky8211 | 2012-03-15 17:11 | 食材

餅つき大会&BBQ なのでした☆

先週の15日。バレンタインデーを無事に終えた翌日の休みの日は、
シェフ永井の自宅庭にて
餅つき大会!&バーベキューだったのでした003.gif

『なんだ、ブログをようやく更新したかと思えば
 また遊びの記事か』

。。。というお声が聞こえてくるような、こないような。。。

でもっ!
(有)アルチザナル的雰囲気を、みなさまに知ってほしい。
シェフ永井はこんな感じで、スタッフのみんなはこんな感じで、、、
こういうみんながノリエットのお菓子を作って、あのお店になってることを023.gif

なので、ノリエットの商品や、リュタンの料理のアピールはまた今度003.gif


まずなんでこの時期に餅つきかと。
シェフ永井にきいてみると。。。
『みんな、餅つきなんてしたことないだろ。やりたいだろ?』
とのこと。

や、や、やりたいです!やります037.gif

そんなことで、数日前からの天気予報では雨だったのに、当日は曇りのち晴れ。
きっとシェフは晴れ男に違いない044.gif

もち米を炊くチーム。イスやテーブルを準備するチーム。
食材や飲み物を準備するチーム。ネギを収穫するチーム。
みんなで準備開始!

わたくし住田は、ネギ収穫チーム。
自転車で永井家の畑へ。
e0210422_23274228.jpg
e0210422_2328998.jpg


もち米を炊いてる時の炭をのせて、焼きネギにして食べる用です。
山本くん、良い笑顔です001.gif



そろそろ炊けたかな?
e0210422_23342596.jpg


炊けたら、臼に移して餅つきスタート!016.gif
e0210422_23365086.jpg

始めは、シェフがコツを教えてくれながらの男の子チームで。

今度は女の子チーム001.gif
e0210422_23424811.jpg


ずっとつき続けるとヨレヨレになるので、みんなで交代しながらついていきます。
e0210422_23441389.jpg


e0210422_2348326.jpg
最後の仕上げは、伊藤さんのおじょうさん、るかちゃんにお願いして012.gif
みんながついてる間も練習してたから001.gif、準備万端003.gif

はい、ぺったんこ!
おいしくな~れ!011.gif



出来上がったお餅は、シェフのお母さんがのしてくれました。
e0210422_23565787.jpg



e0210422_23594155.jpgもち米は6クール分ついたのですが、5クール分はのし餅にして、最後についた餅は、その場で頂きました~011.gif。大根おろし醤油とあんこで。橋本さん、あんこ、ありがとうございました012.gif




餅つきが終わったら、次は網をのせて、BBQ スタート011.gif
e0210422_051889.jpg


e0210422_0662.jpg


肉を焼いてる側で、将棋も始まる~の巻043.gif。原さんの息子さん、しょうたろう君の将棋の腕前に、勝負したノリエットの数人は全敗!すごいな~






e0210422_0195623.jpge0210422_0201922.jpg




そんな横で、ネギを焼いて、むいて食べるシェフ003.gif
20本以上収穫したので、多く採りすぎたかも。。?と思ったけれど
焼きネギがほんとに美味しくて、みんなもよく食べ、全部なくなりました。

それぞれが、お酒を飲んだり、普段なかなかしゃべる機会のない人とおしゃべりしたり
美味しく食べたりと、楽しい一日でした。
この日は、新宿高島屋が休業だったため、アルバイトの方も集まることができ、
また、以前のスタッフの方も参加されたりと、賑やかな会となりました。

シェフは、餅なんてついたことないだろ?つかせてやるよ~、的なスタンスでしたが
前の週の休みに、杵と臼などを使えるように準備したり
餅米の手配をしたり、など、この日のために動いてくれていた訳です。
バレンタイン前はめちゃくちゃ忙しくて、朝の6時から仕事してても
夜11時とかまでやらなきゃならない状況の日もあったわけで
シェフからの、みんなお疲れ様の会だったと思います。


CHEF と SON EQUIPE
e0210422_0423072.jpg

原さん曰く、シェフは太陽のような人柄、とのこと。
わたしもほんとにそう思う。
側にいる私達は、いつもその陽に照らされてるんだろう。
ぬくぬく012.gif

だから、真冬の餅つきだって寒くない023.gif






PCだと、音が小さい026.gifのが残念だけど
でも雰囲気は伝わるかな023.gif
# by fukky8211 | 2012-02-22 23:21 | イベント

シェフはスキー教官?

先週のお休みの日は、朝7時に群馬に向けて出発!だったのでした001.gif
群馬のどこにかというと、、、

川場スキー場!なのでした~003.gif

e0210422_18334.jpg永井シェフはスキー好きで、シーズンにはたびたび雪山へ。
先先週は新潟のスキー場に行っていまして、、、そしてこないだの休みも023.gif
今回はノリエットの西嶋くんと行くところ、一緒に連れていってもらいました016.gif













e0210422_192293.jpge0210422_110081.jpg永井シェフも西嶋くんも、モーグルコースを降りてくるような腕前ですが
わたくし住田は、小学校のスキー教室ぶりの初心者。
それはきちんとアピールしてあったのに。。。

だのに~なぜ~

リフトで上がって、一本目の斜面に着いてみると、、、
これって、けっこう角度ある斜面ですが、、、?026.gif
いきなりここ?026.gif

『緩いところと、やることは同じだから。
 ターンで下向くときにスピードはでるけど、怖がらず行け。』
と、、、永井シェフ。。。

怖がらず、、、、
怖いです。。。
でも、登ったものは降りるしかないので、すっころびながら行きました003.gif

滑ってる後ろにいてくれて、厳しく?023.gif指導してくれるので
すこーしはマシになったかも?001.gif

怖かったけど、怖くない、なだらかな斜面は
スィ~~と滑り落ちて、楽しかったです016.gif

ひとつひとつのコースが長いので、リフトも乗ってる時間が長い023.gif
e0210422_0354240.jpgシェフのずーと奥の方に、モーグルコースがあって、それをシェフのバックに撮ったつもりが、寒くて手がかじかんで、うまく撮れなかったの図。。うーむ。残念。
びし!ばし!の教官003.gifのもと滑っていると、あっという間に終わりの時間に。



e0210422_112367.jpg











帰りの車の中。

『じゃあ、今度はコブ攻めだな!!』

シェフ。。それは早すぎます。。。026.gif
# by fukky8211 | 2012-02-06 23:51 | その他

年末からの、ノリエットネタアレコレ。

みなさま、お久しぶりの住田です012.gif
この一行が、ブログ始めの合言葉のようになっています。。
年が明けてからは、まったくのシェフと2人きりでの営業となりまして
なかなかブログまでたどり着けず。。014.gif

でも!今日ようやくアップできそうです001.gif

なんだか、もう随分昔のような感じですが
クリスマスのころからの、たまったノリエットネタ003.gifです。

クリスマス期間中は、ノリエットのショーケースは切り株のビュッシュ ド ノエルになるのですが
新宿高島屋では、予約のみで販売していたクリスマスケーキがあったのでした。
高島屋全体で、東北を応援する!というテーマに基づいたものを
それぞれの店から販売するイベントがあり、ノリエットからはこちらのケーキを販売しました。

e0210422_23102026.jpge0210422_23104578.jpg

普段のノリエットのケーキとは、、、随分違うのですが023.gif
このケーキも、もちろん永井シェフが考えて、作ったものであります。

『GBP』。。。とは。。。?026.gif
GDPではありません。。
答えは、、、


『G』がん『B』ばっ『P』ぺ!    です!!!
買ってくださったみなさま。本当にありがとうございました。



そして、クリスマスを終えた後の29日。
この日リュタンは、スポットのように夜予約がまったくない状態。。。
なので、、、ノリエットのみんなの貸切となったのでした003.gif
これから年末、そしてまたバレンタインに向けて
人手の足りないノリエットでは、めちゃくちゃ忙しくなるけど、
でも、ひとまずお疲れさま!今日は美味しいものいっぱい食べて飲んで、
また明日から頑張ろうね!001.gifの会があったのでした。

e0210422_0151481.jpg
023.gif
e0210422_0154518.jpg
自分で肉焼きたい人~~が、自分で肉を焼いているところ003.gif。盛り付けは伊藤シェフ。でもこの日のメインは、スープ ド ポアソン!ん~~、ほんとに美味しかった~~023.gif。うちの社長も、『これはどんぶりでいけるね!』と言ってました037.gif。年末は、みんな本当にお疲れ様でした。


そして、大晦日。
リュタンは30日まで営業しまして、31日から一週間お休みを頂いていたのですが
ノリエットは元日のみ休みで、大晦日は営業しておりましたので
地元に帰る手土産を買いに、ノリエットに行ってみると、、、
お客様がいっぱい!005.gif
『お年賀用に、ノリエットのお菓子を』と、年の瀬の大晦日に
こんなにも多くのみなさまが足を運んでくださるのだと、びっくりしました。
本当にありがとうございました。

もう一つ、びっくりしたこと003.gif
31日の大晦日の夜、仕事のため、フランスに出発する永井シェフが、、、
昼すぎの3時ごろは、まだ厨房で、バリバリ仕事してたこと!005.gif

e0210422_23545191.jpg
e0210422_23552118.jpg
この日は、ガレットデロワを仕込みMAX!でした。

e0210422_01790.jpg厨房のみんなと一緒に001.gif

焼きあがりは、このようなお菓子です。
e0210422_0291014.jpg

美しい。。
このお菓子がどういう菓子なのか。そして、この菓子が大好きな私住田は
去年のこの時期に、このブログで熱く語っていますので
お時間のある方は、ここを読んで下さいませ016.gif



そして次はバレンタインに向けて。
e0210422_13631.jpge0210422_133377.jpg


















日々このように、ひとつひとつ作っています。
たくさんの種類のチョコレートがありまして
私が好きなのは、、、あれと~これと~023.gif
なんていうのは、また今度書きます011.gif

ノリエットのチョコレートは、ホントに美味しいですョ011.gif
好きな男の子の笑顔が見たい、女の子のみなさま。
買ってね012.gif
# by fukky8211 | 2012-01-27 00:38 | その他

明けました☆

みなさま、新年明けましておめでとうございます024.gif
本年もよろしくお願いいたします040.gif
昨年末は、クリスマスから最終営業日の30日まで
おかげさまで忙しくさせて頂き、気が付くと大みそか!のような感じでした。
31日から1月5日までお休みを頂戴いたしまして
6日から、また元気に営業しております001.gif
みなさまどうぞ、おでかけくださいませ。
お待ちしております016.gif
# by fukky8211 | 2012-01-09 23:26 | その他

クリスマスに向けて、カウントダウン!

みなさま、お久しぶりの住田です012.gif
お陰さまで、11月の半ばすぎから忙しくさせていただき
全然ブログアップまでこぎつけませんでした。。042.gif
日々、1時のセコムとの戦いだったのです。042.gif

が!

なんとかクリスマス前にはアップしたい!!016.gif042.gifと常日頃思っておりまして
今日ようやく、リュタンとノリエットのクリスマスに向けてのアレコレを
ご紹介しようと思います001.gif

e0210422_184513100.jpgまずはリュタンから。
今年も12月22日(木)~25日(日)までの4日間、
クリスマスのスペシャルディナーを準備しまして
みなさまのお出かけをお待ちしております。

とても嬉しいことに、23日から25日までの3日間は
ご予約で満席となりました016.gif
ありがとうございます040.gif
22日木曜日のみ、まだ席が空いております。

お一人様、¥5800‐のコースで
☆クリスマスのアミューズ ブーシュ
☆聖夜の前菜盛り合わせ
☆築地からの鮮魚のスープ仕立て
☆牛ヒレ肉のステーキ、牛ホホ肉の赤ワイン煮添え
☆小さなビュッシュ ド ノエル
☆ノリエットからのデザート
☆食後のお飲み物&プティフール

という内容となります016.gif

『リュタンのクリスマススペシャル、食べてみたーい011.gif
と思ってくださったお客様。
もう明日となってしまいましたが043.gif
ぜひ、22日木曜日の夜にお出掛けくださいませ。
ル プティ リュタン 03-6304-3443

このスペシャルメニューのための仕込みを、ちゃくちゃくと進める伊藤シェフ。
牛ホホを煮込んだり、テリーヌの火入れをしたり、
ヒレ肉の掃除をしたりと、ただ今孤軍奮闘中です!
e0210422_1930114.jpg

e0210422_19342296.jpg牛ヒレは和牛のヒレなので、このようにサシのようなあぶらをかんでいます。なので、柔らかくてトロりと感じられるのではないかと思います016.gif
これらの食材が、美しく、そして美味しく調理され
きっと貴女を楽しませてくれます。どうぞ、お楽しみに☆010.gif

そのような料理を、より引き立ててくれるような魅力的なワインも入荷しました001.gif
グラスで色々楽しんで頂けるようなスタイルです。
シェフの料理と美味しいワインで、素敵なクリスマスだったと思っていただけるよう頑張ります001.gif




そして、次はノリエット。
24日を3日後に控え、テンション高め003.gifの永井シェフを筆頭に
ビュッシュドノエル(クリスマスケーキ)を仕込みMAX!です001.gif

ノリエットでは、10種類のビュッシュドノエルを準備します。
薪を形どったケーキなので、種類によって、このようなロールがベースとなります。
e0210422_18264399.jpg


ものによって薪の模様がつけられ、ジュレがけして艶やかになります。
e0210422_18361437.jpg


たくさんの注文を頂いた、チョコレートとプラリネのビュッシュを仕上げているところ043.gif
e0210422_18402593.jpg

これだけ並ぶと迫力あります!005.gif

そして、デコレーションしていきます。
e0210422_18441897.jpg

e0210422_1845113.jpgこうしてひとつひとつ作り上げていくケーキは、蔓の絞り具合などで、同じに見えてすべて違うものなのです。そんな手作り感のあるところが、職人の手の温かさであるわけです。ノリエットのみんながこの時期、朝から夜中まで頑張って、何百と作り上げるビュッシュの数だけ、家族のハッピーな団欒があると思うと、なんとなくほんわかとした、あったかい気持ちになります。ノリエットのビュッシュを囲む、たくさんのみなさまに、素敵な聖夜が訪れますように023.gif




















今年のノリエットでは、こんなステキなアドヴェント カレンダーを売っていました016.gif
e0210422_2034221.jpg

12月1日から25日までの日付けの小箱にお菓子が入って、毎日ひとつづつ食べながら
クリスマスまでを楽しめるカレンダー。
もちろん入っているのはノリエットのお菓子。
あんまりにも可愛かったので、甥っ子に送りました043.gif
e0210422_2040277.jpg入っていたお菓子を食べて、一言。
『いい味してるわ~』だって003.gif
25日の箱は、、、、お楽しみに~053.gif








君が笑えばこの世界中にもっともっと幸せが広がる

# by fukky8211 | 2011-12-21 20:49 | イベント

華麗なる時代

e0210422_19351521.jpg 先月のジャパンケーキショーに、ノリエットの大山すずちゃんが出品したのはショコラを使った大作でした001.gif。繊細な造りだったので、会場に展示されたときには、一部破損してしまっていたのだけれど、その部分を綺麗に直して、今はノリエットの店内に飾ってあります016.gif

柊の冠をつけたお花に囲まれた彼女は、19世紀末からの、パリが繁栄した華やかな時代を象徴するかのよう。また彼女の後ろにあるモチーフは、アールヌーヴォーなどの数々の新しい芸術活動が展開したことを思い出させる。女性解放の流れから、各分野で現代化の進んだ時代を生きた、凛とした女性像なのかな、なんて私は思った。


この時代の華麗な雰囲気は、ロートレックなどが描くモンマルトルの光景によく表されているのだけれど、今、丸の内の三菱一号館美術館にて、トゥールーズ=ロートレック展、開催されてるみたいですョ023.gif




















凛とした女性、で思い浮かぶのは、私にとってはやっぱりSugar Soulなのです。

Siva 1999 以来のZeebraとの共演ってあたりが、キセキのうたって思う001.gif
フューチャーしてくれたスタアパ、ほんとにありがとー!
# by fukky8211 | 2011-11-14 08:31 | ノリエット情報

BBQなのでした☆

ごろりん。
e0210422_038755.jpg

先週の休みの前日、ノリエットに行くと肉の塊がどでん!と鎮座005.gif
そう。翌日は永井シェフの自宅にて、みんなでバーベキューが急遽決定!しましたので
お肉を解凍している図、なのです。
『肉を見ると、つい買っちゃうんだよね~』とシェフ。。。
解凍するにしても、、ええっと、ノリエットとリュタンのみんなで12人。。。
多すぎるような?003.gif
でも、男の子の方が多いし!
楽しみだなぁ~と、横目で見ていたのでした001.gif


そして、当日。
肉を焼く網などを買って、シェフの自宅へ。
炭をなんとかおこして、BBQ スタート!

そうそう。
大山すずちゃんが作ってくれてた、タブレがとても美味しかった~011.gif
入っているのは、アボガドやオリーヴなどの野菜で
肉を食べてる合間にぴったりな料理でした。
e0210422_0384652.jpg



始めは永井シェフと、ノリエットの伊藤さんが焼いてくれました~
e0210422_0391876.jpg

やっぱりお肉は残りました003.gif
また、もう一回できるくらい!?

BBQ の片づけをしながら、永井家の畑の話に。
『じゃあ、見に行くか~』と、食後は畑見学に。
自宅から、てくてく歩くこと数分。
家々が立ち並ぶ中に、土と緑が見えてくる。
e0210422_041219.jpg

えー、ここはどこかの田舎町ではありません026.gif。世田谷です。
永井シェフのお母様や、弟さんが手入れして、育ててらっしゃいます。


『この大根、抜けな~い!』の写真は、シネマです037.gif
e0210422_0415352.jpg

e0210422_0424048.jpge0210422_043895.jpg大根の他に、人参やネギ、ほうれん草や小松菜など、多岐にわたる栽培でした001.gif
畑見学の後は、神社に行ったり、お寺に行ったりと
世田谷ぷらり歩きをしたのでした。


e0210422_0465345.jpgシェフの自宅に戻って、一休み。
おやつは庭にたわわに実る、柿053.gif
この土や畑があれば、食べていける、かも!?023.gif(それは大げさかな)



少し前に夏休みを頂いた、みたいな気持ちなのに
あっという間に、11月も半ばになり
ノリエットは人が足りてないこともあって、もうすでにみんな多忙な日々。。
これから、クリスマスやお歳暮控え、もっと!忙しくなる前に
みんな、これからも大変だけど頑張ろうね!の会だったのでした。
リュタン組も、頑張りMAX!001.gif
# by fukky8211 | 2011-11-11 08:16 | イベント

ジビエの季節となりました。

暑い、暑い~!042.gifと言っていた夏から、ふと気が付くと。
11月に突入し、街ではちらほらとクリスマスのディスプレイを目にする季節となりました。
朝晩は少し肌寒いですが、お天気の良い日中なんて、最高に気持ちいい時期ですよね001.gif
昔住んでいたところの近所に、うつぼ公園という大きな公園があり
ワインと~サンドイッチと~つまみと~フルーツなんかをもって
お天気の良いこんな季節には、ひなたぼっこしたものです023.gif

さて。そんなこんなのこの季節。
ジビエ料理が始まる季節でもあります。
『ジビエ』というのは、野鳥獣のことであり、秋から冬にかけて楽しめる食材です。
例えば、野生の鴨やうずらや山シギ、そして、鹿やいのしし、熊などがポピュラーでしょうか。
狩猟期間が、国や地域、また捕える獲物によって異なりますが
だいたい10月から2月位までがシーズンです。

リュタンではこの季節、エゾ鹿は常に準備して
みなさまに楽しんで頂けるようにしております。
e0210422_2184252.jpg

こちらは、エゾ鹿モモ肉のスジなどをはずした状態です。
ほんとに綺麗な赤身なんです。
厚めに切って、ステーキで。黒胡椒をきかせた赤ワインソースなんて、、、
もう、間違いない!ですよね~011.gif

エゾ鹿の他には、フランス産の青首鴨や
e0210422_21151421.jpg


スコットランド産の山うずらも入荷しております。
e0210422_2118625.jpg



エゾ鹿以外のジビエは、常に準備している食材ではありませんので
食べてみたいっ!と思って下さった方は
お電話にて確認していただきますよう、お願いいたします040.gif
# by fukky8211 | 2011-11-07 22:52 | 食材

石巻にてお菓子教室 

先月のノリエットの連休の日。
10月20、21日に永井シェフは、メゾン・ド・プティ・フールの西野さんと
ル ガリュウ M の丸山さんと、シュタット シンケンの中山さんとで
宮城県石巻市に行っていたのでした。

今回の石巻では,炊き出しだけではなく、子供たちにむけたお菓子教室を開きました012.gif

e0210422_21311813.jpg

昔昔に、菓子の専門学校に通っていた私としましては
ナチュラルに、豪華な顔ぶれだな。。。と思ってしまう003.gif


シェフの手元に、そして出来上がっていくお菓子に釘付けの子供たち003.gif
e0210422_0122545.jpg


可愛い012.gif


e0210422_0422711.jpg

永井シェフにクリームを配ってもらって、みんなもお菓子作り開始016.gif
ちなみにこの日のお題は、ロールケーキでした011.gif
e0210422_122680.jpg




そして、炊き出し。
この写真からすると、中山さんのソーセージなどを焼いているのかな?と思います。
e0210422_020452.jpg


永井シェフと丸山さんは、チュロスを揚げました。
e0210422_020298.jpg


年末にむけて、これから今まで以上に多忙な日々になるので
今年はこれが最後のボランティア活動だと思います。
10月も見ていて、忙しい毎日だったのですが
それでも自分たちにできることをしよう、との思いからの行動だったと思います。
子供たちが喜んでくれたのならば、それが一番なによりなのです023.gif





















笹川さんの、幼い子供に対する思い。

メジャーで活動していたとき、所属していたレコード会社がエイベックスだったのが不思議。
# by fukky8211 | 2011-11-06 00:20 | ノリエット情報

最高の状態のチーズ☆

フランス料理店でチーズを注文し、あぁ、失敗した。。という経験をされた方は
少なくないのではないかと思う。
というのも、私がそうだから!なんですね003.gif

これは、、、熟成というのではなくて、、、単純に古くなって劣化しているのでは?と思うチーズや
明らかに、、すごく苦い、、、チーズだったりとかに
びっくりする勘定がついていたりしたら。。。
レストランで勧められても、二の足を踏んでしまう。
その気持ち、よく分かります。
でも!!
プティ リュタンにて、私住田が 'これは是非召し上がってほしい!'とおすすめするときは
お腹が多少いっぱいでも、もう気持ちがデザートになっていても
食べて下さい003.gif。後悔させません。


e0210422_201296.jpgただ今、『ルブロッション』おすすめです。
スイスとイタリアに隣接する山岳地帯、サヴォア地方のチーズ。
もっちりとして、優しくミルキー。
かすかに木の実のような風味があり、穏やかな味わいで食べやすいチーズです。
ふっくらとしたとした白ワイン、とか~、ボージョレーなどの軽やかな赤ワインと、すごく美味しいと思うんです。
ワンカット300円で、しばらく楽しめますョ。
この断面を見てしまったら、もう食べずにはいられない?023.gifなんて。
# by fukky8211 | 2011-10-31 20:19 | 食材

『限りなく透明に近いブルー』的な

e0210422_16552287.jpg 昔本屋さんで、この表題をみて足をとめた。その当時平積みされていたこの本は、タイトル通りのイラストと共に、人に訴えかける何かがあった。物書きの人が、本のタイトルと冒頭に多くの時間を割くのは、手にとってもらい、ほんの数行でこちらの世界に入れられるか否か、がかかっているからであり、そして私は前者になった訳だ。あの時この作者のセンスに、ほぇ~~と感心した記憶がある。
 ブルーは、クールで美しい。荒川静さんの、トリノの決勝の衣装も大好きだったし、姉の結婚式に参列する際は、真っ青なブルーのアオザイにしたくらい。
 ジャパンケーキショーに西嶋くんが出品した作品は、艶やかなブルーだった。くじらの真上に大きなお花のようなモチーフがのっていたりする、全体の空間のバランスが、私はかわいらしいと思う023.gif。作品を納品する前の晩は徹夜だった!とのこと042.gif。ほんと、お疲れさまでした001.gif

もうひとりの出品者である大山さんの作品は、会場に納品する際に壊れてしまったところを直して、ノリエットに飾るそうなので、作品が直され次第、また写真をアップしようと思っています023.gif

























この時から11年。9.18 行きたかったに決まってる!


ナイストゥーミーチューアゲインって感じ?
昔みたいに声がでなくたって、(私も声が低くなったし。)
年をとったって、(私もそうだし。)
10代の毎日を輝かせてくれた3人にまた会えて、嬉しいのだ。
# by fukky8211 | 2011-10-19 17:23 | ノリエット情報